和歌山県岩出市の耳鼻咽喉科 小児耳鼻科 (アレルギー性鼻炎 花粉症 めまい 補聴器 風邪)

いちご耳鼻咽喉科

tel
〒649-6246和歌山県岩出市吉田319-10

メインヴィジュアル

Bスポット療法について

Bスポットってどこですか?

鼻の奥(のどちんこの上)にある上咽頭(図)という部位があります。上咽頭は「鼻咽腔」とも呼ばれていましたので、頭文字BをとってBスポット療法と名づけられました。

Bスポット療法

Bスポット療法

鼻に入った異物(ほこり、ウィルス、細菌など)は必ず上咽頭に接触するため、ここに炎症を起こしやすい構造となっています。この部位に炎症があるために以下に述べる症状の原因となることが少なくありません。

上咽頭の炎症は、この部位に迷走神経、舌咽神経がはりめぐらされているので、のどの痛みと感じる場合が多くあります。そのためにこの部位の慢性炎症は神経が関連する痛みやリンパが関連する疾患の原因になることもあるのです。

この部分に塩化亜鉛もしくはルゴール液という消炎効果のある薬剤を直接塗布すると高い治療効果が得られます。

この治療法は上咽頭の局部のみの治療法ですので、授乳中・妊娠中の方も安心して治療を受けることができます。

治療法

薬液をつけた綿棒を鼻から上咽頭へ塗る場合と、弯曲した綿棒を口から入れて直接塗りつける2通りがあります。

両方する場合もあります。のどからの治療が苦手な方の場合は鼻からのみ行います。

口から塗る場合は鼻で呼吸する状態にしていただくと、スムーズに塗ることができます。

当院のこだわり

当院ではBスポットに的確に薬液を塗布する為に、内視鏡を用いて、塗りつける(E―EAT療法)を行っております。この治療法は診断精度・治療効果を向上させることができます。

Bスポット療法はこんな症状や病気に効果的

  • 咽頭痛(のど風邪)、後鼻漏(後鼻漏感)、耳の違和感
  • 副鼻腔炎、鼻づまり
  • のどの痛みや違和感
  • 頭が重い感じ、肩こり
  • その他に、IgA腎症、掌蹠膿疱症、関節炎、自律神経失調症、めまい

Bスポット療法の注意点

  1. 炎症の強い人ほどしみるため、大変痛みを感じやすい治療となります。 但し、痛い人ほど炎症が強いので、症状がBスポット療法によって、改善しやすいということも特徴的です。
  2. 炎症がおさまっていくにつれて、薬を塗った後の痛みや出血は改善していきます。
  3. 時々、治療直後は血の混じった鼻水や痰が出ますが、心配はいりません。
  4. Bスポット療法はあくまでも補助的な治療法ですので、対象となる疾患の本来の治療法は行った上で並行しながら行うことが効果的です。